英会話と年齢

語学学習をスタートするなら、なるべく若い時分に実行した方がよいのでしょうが、どれくらい年を重ねると諦めるべきなのでしょうか。
実は言語学的には、それほど悲観する必要もありません。
言語学の世界では、言語習得論が交わされています。すなわち、第二言語を習得するメカニズムが学問的に検証されているわけです。言語習得論は言語学だけでなく、心理学や神経学の知見も踏まえて展開されてきました。そこで生まれた仮説の中に、「年を重ねれば重ねる程、第二言語の習得は難しくなる」というものがあります。この仮説は、我々一般人の常識とも符合するもので、正しいように思われます。
この仮説に対しては、それを裏付ける新説と共に反例も数多く提示されてきたことから、未だに結論を見ていません。しかし議論の途上で通説として有名になったものがあります。
それが、「年輩の人は習得が早い」というものです。この通説には条件が付いていますが、それでも言語学に馴染みのない人には、意外な知見だと思えることでしょう。言語習得論の功績は、単に大人を勇気づけたことに留まりません。どのような勉強法が効率的であるのかも実証したのです。その勉強法とは、インプット仮説と自動化理論を踏まえたものになります。インプット仮説とは、「リスニングするだけで言語は習得される」というものです。自動化理論とは、「身に付けた知識を活用する練習を繰り返すことで話せるようになる」というものです。
つまり第二言語を学ぶ上で大切なのは、浴びるようにリスニングしつつ、同時に適切な頻度でアウトプットする事だと言えるのです。実は日本人は外国人に比べて、第二言語のインプット量が小さいとされています。アウトプットの重要性はよく耳目にしますが、リスニングもまだまだ不足しているのが日本の英語教育の実態なのです。
現在都市部では多くの英会話教室が設立されています。銀座・渋谷・新宿など都内でも英会話を学べる環境が整っているので、この機会に行かれてみるのはいかがでしょうか。

サイト制作者

こんにちは!サイト制作者のPressです:-)趣味は映画鑑賞と読書、それと家庭菜園と...んーーあげたらきりがないですね:-O
最近は暑くて、溶けそうです:|このサイトに関するご質問はこちらまでお願いします! 【housepress@countinghousepress.com】それではみなさんよい一日を!!

新着記事投稿


免責事項

当サイトに掲載している情報をもとに閲覧者、第三者が行動し、その行動に伴い損害が発生したとしても、サイト制作者は責任を負うことが出来ません。またこのサイトに掲載している情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますので、予めご理解の上サイトを閲覧下さい。